【第28回】円高の今のうちにまとめてドル転しておいて、そこから米ドルで海外積立年金をしましょう。

公開日: : 最終更新日:2015/10/09 号外メルマガ(海外保険商品)

こんにちは。河合です。

本日は今までお話した海外積立年金でも、

「為替(米ドル)だけはまとめて安い時に買っておこう。」

という話をします。

まず海外積立年金のおさらい。
大きく3つの利点がありました。

1)ドルコスト平均法で購入単価を安くできる。
2)1~5%のボーナス金利がもらえる(積立額による)。
3)米ドル建てで資産形成ができる。

※『海外積立年金入門書(マニュアル)』はこちら(無料)

1)、2)は文句なしに絶対にいいことですよね。
そうでない方がいいという理由はありません(笑)。

3)はちょっとでも投資をかじったことがある方、もしくはちょこっとでも経済を知っている方ならもう今後円安になるから外貨資産(米ドルなど)を持たなければいけないというのは暗黙の了解でしょう。
円が安くなる前に(円高のうちに)、たくさんのドルを買っておこうということですね。

ここで問題が出てきてたんです。
海外積立年金って米ドルでできることがメリットだけれど、そうなると米ドルも毎月少しずつ買っていくことになるんです。
今後、円安になるから今のうちに米ドルにしときたいのに・・・という方には矛盾になってたんですね。

これを解消したのが、今回ご紹介するやり方(スキーム)。
先にオフショア籍の「ある口座(海外積立年金用口座)」を作っておきます。
これはオフショア資産管理口座のように運用するための口座ではなく、単に米ドルをプールしておくだけの口座です(証券会社のMRF、銀行の預金口座のようなもの)。

そしてそこへ先にまとまった資金(例えば500万円分など)を今の為替レートで米ドルに転換して置いておきます。
仮に今の為替(118円/ドル)で転換しておけば、USD42,300になりますが、これが125円/ドルになれば、USD40,000にしかなりません。
135円/ドルになれば、USD37,000です。
だから今のうちにまとめて転換しておこうということですね。

※1 この口座を開くために海外へ行く必要はありません。日本にいながら書類だけで口座開設でき、デビットカードが発行されます。

※2 将来仮に積立を停止した場合には、この口座に残った米ドルはデビットカードでショッピングするなり、ATMから引き出すなり、銀行口座に送金するなりしていつでも使えます。

この口座の最低預金額はたったの100ドル(約12,000円)です。
本口座の資料希望であれば、いつものようにお問合せよりいつでもお気軽にご連絡ください。
(お問合せ内容に「海外積立年金用口座資料希望」とご入力ください。)

関連記事

【第98回】新しい積立商品『3.5%金利保証積立年金』をご紹介します。【最低額:200ドル(月)、期間:15年】

こんにちは。河合です。 本日は新しい海外積立年金のお知らせです。 ただ投資性はなく、とて

記事を読む

  • 『海外積立年金』と『海外生命保険』の具体的な事例を紹介します。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

    リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら
  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑