【第75回】現在加入中の医療保険、収入保障保険、年金保険を分析し、学資保険として140%元本確保型年金プランを始められた事例です。【神奈川県 外資系エンジニア 30代後半 男性】

公開日: : 通常メルマガ(事例など)

こんにちは。河合です。

本日はオフショア投資メルマガの方でご紹介した方の、保険サイドの相談から、140%元本確保型年金プランを始められた事例をご紹介します。
医療保険と収入保障保険は日本国内で、学資保険と年金保険は海外で、という使い方としての良い事例になると思います。

くどいようですが、ご本人からは了解をいただいて、本人と特定できないことを前提にご紹介させていただいています。

【神奈川県 外資系エンジニア 30代後半 男性】

まずこの方がその当時加入中の保険と弊社保険アドバイザーのアドバイス内容を見てみましょう。
すべて保険ヒアリングシートから事前に伺っています。

1)医療保険08:H24加入
被保険者:〇〇さん(32歳)
月払保険料:7,407円
払込期間:60歳払
入院日額:10,000円

〜コメント〜
自営業者や経営者などでは日額10,000円にすることはありますが、サラリーマンの方であれば高額療養費制度に加え、傷病手当などの社会保障や福利厚生が充実している場合もあり、日額5,000円にするケースがほとんどです。また終身払の方が良かったと思います。これから終身払いにするのであれば解約して他社も含めて加入し直す方法と、08型から2014型に変更して終身払にする方法も良いかもしれません。ただし保険料は現在の年齢で計算されます。

終身払にした方がいい理由としては医学的進歩や国の医療制度(点数)の変更などにより治療方法が変化するため、それにともなって医療保険やがん保険は保険商品の中で最も保障内容が変わっていく商品だからです。私が保険業界に身を置きだした約20年前と現在では、まったくといってよいほど保障内容が変わっています。そのため、定期的な見直しも一番多くありますので、もちろん健康状態にもよりますが、短期で支払うよりも終身払にしてある程度定期的に見直すと良いと考えています。

2)医療保険08:H24加入
被保険者:奥様(34歳)
月払保険料:5,931円
払込期間:60歳払
入院日額:7,000円

〜コメント〜
奥様はお仕事されていますか?〇〇さん同様、7,000円の妥当性に疑問があります。こちらも終身払の方が良かったと思います。これから終身払いにするのであれば解約して他社も含めて加入し直す方法と、08型から2014型に変更して終身払にする方法も良いかもしれません。ただし保険料は現在の年齢で計算されます。

3)医療保険2014:H27加入
被保険者:娘さん(6歳)
月払保険料:2,559円
払込期間:60歳払
入院日額:10,000円

〜コメント〜
6歳のお子さんに医療保障は必要ですか?私は不要だと考えているので、その理由を説明し販売したことはありません。加入するとしても入院日額10,000円は大き過ぎるので減額し、60歳払いではなく10年払or終身払にしましょう。

4)医療保険2014:H27加入
被保険者:息子さん(1歳)
月払保険料:2,307円
払込期間:60歳払
入院日額:10,000円

〜コメント〜
上記と同様です。

5)収入保障:H24加入
被保険者:〇〇さん(32歳)
月払保険料:4,800円
払込期間:55歳払
年金月額:25万円
P免あり
非喫煙健康体料率

〜コメント〜
当時でも、非喫煙健康体料率であればチューリッヒ生命の収入保障保険の方が安かったです。今からこちらを解約し加入し直しても、チューリッヒ生命の収入保障保険の方が安くなる(3,950円〜4,350円)ので、健康状態に問題がなければ加入し直したほうが良いと思います。

6)個人年金:H23加入
被保険者:〇〇さん(32歳)
月払保険料:16,704円
払込期間:65歳払
払込総額:16,704✕12✕33年=6,614,784
年金年額:80万円
受取総額:800万円(10年確定年金)
受取返戻率:120.9%

〜コメント〜
このような超低金利時代ですと、33年後から10年確定年金で「受取率120.9%」の数字は一見悪くないようにも見えますが、ここ数年の日本の保険会社で販売されている個人年金保険や、終身保険、学資保険など、貯蓄性のある保険は史上最低の利回り(正確には予定利率と言います)ですので、このような時代に貯蓄性のある保険に加入してはいけません。代わりに海外積立年金をされた方が最低でも15年で140%は保証されていますので、明らかにこの年金保険よりは良いですよね(更にS&P500次第でもっと増えます)?「払済」にできるようであれば「払済」にされると良いと思います。

皆さん自身が加入しているわけではないので、ちょっと理解しづらいかもしれませんが、今回の分析のポイントは・・・

・いずれも何かしら見直す余地があった。
・医療保険は掛けすぎ。
・収入保障保険は他にもっと良い商品があった。
・個人年金保険は海外積立年金にした方が良かった。

です。
相談せずこのまま放置しておけば、それだけ無駄な保険料を毎月払い続けていたわけですから、早かったか遅かったかはわかりませんが、今回相談いただいて良かったですよね。

学資保険はまだ加入されていなかったので、今回海外積立年金の中の140%元本確保型年金プランを月300ドル(約3万円)で加入されることになりましたが、ご自身の年金準備の方も、早めに変えられるといいですね。

※『海外積立年金入門書(マニュアル)』はこちら(無料)

香港へ渡航しないといけませんが、同様の年金保険であれば、先日のメルマガの通り、海外個人年金の方が数字が良いです。
海外積立年金が良いのか、海外個人年金が良いのかは、たくさん増えることを望むのか?安全な計画性を好むのか?で、皆さん分かれるかと思いますが、入門書(マニュアル)を読んで、現在加入中の日本の年金保険と比較しながら考えてみてください。

既にどちらの方が良いかな?というのが決まっていれば、どちらも日本語資料を用意していますので、こちらよりお気軽にご連絡ください。
(お問合せ内容に「海外積立年金or海外個人年金資料希望」とご入力ください。)

関連記事

【第40回】パート勤めの女性が自分が自分のためにできることをしておこうと始めた140%元本確保型年金プランの事例です。【岐阜県 パート勤め 40代前半 女性】

こんにちは。河合です。 本日はパート勤めの方の海外積立年金事例をご紹介します。 金額も始められる

記事を読む

【第54回】日本生命、共済(死亡保障)、アリコ、アメリカンホームダイレクト、アフラック(医療保険)、明治保田(年金)、東京海上、セゾン(損保)の証券分析事例です。【大阪府 年金生活者 60代前半 男性】

こんにちは。河合です。 本日は大阪セミナー参加者の保険証券分析の事例をご紹介します。 大阪セ

記事を読む

【第51回】元野村證券、現役証券マンの海外積立年金事例です。【東京都 証券マン 30代前半女性】

こんにちは。河合です。 本日は野村證券時代からの私の同僚でもあり、現在も証券マンをしている友人

記事を読む

【第59回】日本の生命保険(ジブラルタ生命、日本生命)を見直して、海外積立年金&オフショア投資を始められた方の事例です。【東京都 会社員 30代前半 男性】

こんにちは。河合です。 本日は日本で加入されていた生命保険を見直しして、海外積立年金とオフショ

記事を読む

【第35回】弊社セミナー参加後、海外積立年金を始められた事例です。【東京都 会社員 30代後半 男性】

こんにちは。河合です。 先月(2015.10)の弊社セミナーに参加し、海外積立年金を始められた方

記事を読む

【第6回】【海外積立年金】人生プラン変更に合わせて積立額の減額、積立STOP、一部引出ができます。

こんにちは。河合です。 さて本日は、保険という長期契約でも、海外積立年金であれば中途の変更

記事を読む

【第8回】【海外生命保険】日本の生命保険と海外生命保険の比較

こんにちは。河合です。 それでは本日からは海外生命保険にテーマを移りたいと思います。 こ

記事を読む

【第52回】既契約者の紹介からの海外積立年金開始です。【神奈川県 会社役員 40代後半 男性】

こんにちは。河合です。 本日は以前本メルマガでもご紹介したクライアントからのご紹介で海外積立年

記事を読む

【第7回】【海外積立年金】140%(元本+40%運用益)が保障される学資保険です。

こんにちは。河合です。 それでは本日は海外積立年金の最終章、海外の学資保険の話です。 日

記事を読む

【第46回】世界的株安のこのタイミングで、140%元本確保型年金プランを増額された事例です。【山口県 会社員 40代前半 女性】

こんにちは。河合です。 本日は以前も本メルマガでご紹介した方が、更に海外積立年金を増額された事例

記事を読む

  • 『海外積立年金』と『海外生命保険』の具体的な事例を紹介します。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

    リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら
  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑