【第87回】医療保険の見直しから、アクサ生命ユニットリンク(変額年金保険)ではなく海外積立年金(140%元本確保型年金プラン)とオフショアファンドへ投資された事例です。【東京都 会社員 40代後半 女性】

公開日: : 通常メルマガ(事例など)

こんにちは。河合です。

本日は医療保険に払っていくのがもったいない、預金に置いておいても増えない、という気づきから海外積立年金とオフショアファンドへの投資を始められた事例をご紹介します。
今年の東京セミナーに参加された後、個別面談(セミナー特典)を経て、無事始めることができました。

くどいようですが、ご本人からは了解をいただいて、本人と特定できないことを前提にご紹介させていただいています。

【東京都 会社員 40代後半 女性】

まずは最初にいただいたご相談内容をそのまま見ていただきましょう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
40代中盤になり、初めて保険に入ろうかと資料集めをしていくうちに、掛け捨ての医療保険より貯金をするほうがいいのではという考えに傾き始めたのをきっかけに、普通預金に入れっぱなしの貯金(少し前まではタンス貯金でした)をもう少し運用できたら、と思うようになりました。

御社を知った直接のきっかけは、アクサ生命から資産形成として勧められた変額保険というものをネットで調べているときにホームページを拝見したことです。

ヒアリングシートのとおり、投資自体まったく経験がありません。また、今後投資可能な金額というのも、イメージが湧かず、空欄にしてしまいましたが、一括での投資は最初は100万円とか200万円でしょうか、なにせ、マニュアルを一通り読んだだけで、頭の中はモヤモヤだらけ。怖さもありますし、実際私にできるのか?とも思います。

今後何かしら手ごたえを掴めたら、500万~投資額を増やしていけたらとは考えています。また、毎月定額をという方式ではまずは3万円くらいでしょうか。

人生のお金の設計なのですが、ざっくり、このまま普通に働いてコツコツ貯めれば、90歳くらいまで生活水準が保てるくらいの貯蓄ができそうだ、という見通しです。本当にざっくりですが。これを、老後もう少しだけ安心に、また日々もう少しだけゆとりある生活にすることができたらと思っています。

御社のホームページや入門書を読み、日本の銀行に預けっぱなしではなく、少しだけ能動的に動いてみよう、知らないだけで怖がっていてはいかん、と勇気を振り絞った次第です。

このような感じで、金額が少額であること、まったくの素人であるということなど、心配な点が多々ありますが、私にもできる資産形成がありましたらゼロからご指南ください。

何卒よろしくお願いいたします。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

その後、弊社主催の東京セミナー(内容は大阪セミナーと同じ)に参加いただけ、その後セミナー特典の個別面談で内容を詰めた結果、

140%元本確保型年金プラン:USD200/月 × 15年
森林ファンド:USD10,000(約110万円)
英国債券ヘッジファンド:USD10,000(約110万円)

を始められました。

どうも私が東京セミナーで「皆さんのような富裕層の方にとって・・・」と話していたみたいで(私はあまり意識していなかった。。)、ちょっとビックリされていたそうです。
大変失礼しました。。。

「富裕層」とそうでない方みたいな分け方が、銀行、広告代理店、メーカーのマーケティング上されていますが、富裕層だからという運用はほとんどありません。
たしかに金融機関の取り決めで5000万円以上じゃないとできない金融商品のような見せ方がされていることもありますが、ほとんどは100万円からでも投資できるのに単に販売戦略上下限を切り上げているだけ、というのが現実です。
だから、最低額が高いからいいという単純な話ではないのです。

弊社が取り扱っているオフショアファンドも、ファンドによってファンド会社が定める最低投資額があります。
けれどこれも同じく最低投資額が高いからといって、低いファンドよりもそっちの方が良いファンドというわけではありません(ファンド会社はそう見せたいところがあると思いますが)。

何が良いかは、純粋にファンドの運用が良いかどうか、戦略が良いかどうか、それがあなたにとって理解しやすいもので、あなたのお考えに合っているかどうか?が大事です。
今年6,7月に行った全国セミナーのセミナー参加者はそういった目で見てもらっていたと思いますし、セミナー後のアンケート集計結果も結構バラバラでした。
そして今皆さんそれぞれ良いと思ったオフショアファンドへ投資されています。

新しいオフショアファンドのご案内も、オフショア投資メルマガの方でしていきますので、気に入ったファンドがあったらいつでもお気軽にご連絡ください。
無料でFactsheet、ファンド詳細をお送りします。

関連記事

【第25回】変額年金プランを一部解約して固定金利ファンド(8%)と140%元本確保型年金プランを始められた事例です。【東京都 自営業 40代後半 女性】

こんにちは。河合です。 本日は以前私の「オフショア投資メルマガ」でもご紹介した、変額年金プラン

記事を読む

【第23回】「変額年金プラン」と「140%元本確保型年金プラン」を比較して最終的に始めたのは・・・【茨城県 会社員 40代後半 男性】

こんにちは。河合です。 本日は将来の年金をためるための2つのツール ・変額年金プラン

記事を読む

【第12回】【海外生命保険】50歳で一時払い保険に入るケースです。

こんにちは。河合です。 それでは海外生命保険の2つ目のケース。 50歳から一時払いで保険に入る例

記事を読む

【第16回】お金のプロが選んだのが海外積立年金でした。【東京都 税理士・社会保険労務士 30代後半 男性】

こんにちは。河合です。 本日はお金のプロである税理士・社会保険労務士が海外積立年金を始められた

記事を読む

【第62回】プルデンシャル生命5本とHansard Aspire(海外積立年金)の証券分析事例です。【東京都 会社経営者 30代後半 男性】

こんにちは。河合です。 本日は日本のプルデンシャル生命と海外の積立年金Hansard社のAsp

記事を読む

【第46回】世界的株安のこのタイミングで、140%元本確保型年金プランを増額された事例です。【山口県 会社員 40代前半 女性】

こんにちは。河合です。 本日は以前も本メルマガでご紹介した方が、更に海外積立年金を増額された事例

記事を読む

【第70回】現役MDRT外資系保険会社員が自社保険商品ではなく海外積立年金を始められた事例です。【東京都 外資系保険会社員 30代前半 男性】

こんにちは。河合です。 現役保険マンの海外積立年金事例です。 ここでは会社名は伏せますが

記事を読む

【第15回】ミシュランシェフが海外積立年金を始めた事例です。【東京都 シェフ 30代後半 男性】

こんにちは。河合です。 本日は東京某所のミシュランシェフが海外積立年金を始められた事例です。

記事を読む

【第20回】独身時に入った生命保険を解約して、海外積立年金を始められた事例です。【愛知県 主婦 30代前半 女性】

こんにちは。河合です。 本日は独身時代かけていた日本の生命保険を止めて、海外の積立年金を始

記事を読む

【第14回】デノミ対策のために外貨を持つことが目的で海外積立投資を始めた事例です。【東京都 会社経営者 50代前半 男性】

こんにちは。河合です。 本日からは実際に日本の生命保険や年金保険ではなく、海外の生命保険、積立

記事を読む

  • 『海外積立年金』と『海外生命保険』の具体的な事例を紹介します。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

    リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら
  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑